弊社が、お客様に工事依頼を受けてから着工に至るまでの流れをご案内いたします。

先ずは、お客様からのお問い合わせ(電話、メール等)をお受けしてから、工事内容、仕様について話し合いの場を設けていただきます。
大体の内容を、お互いに確認しましたら、そこからお見積りをさせていただき、工事契約に至ります。

【少額工事】

金額、工事期間などに明確な基準は設けておりませんが、おおよそ30万円以下の工事、数日の工事期間で完了する内容の場合には、簡易的な手続きとさせていただいております。
工事完了後に請求書を発行させていただいておりますが、ご入金いただけるまでの期間は、請求書発行の日付より1週間以内とさせていただいております。

【高額工事】

おおよそ、少額工事金額を上回る場合は高額工事とさせていただいております。
高額工事に至る場合、工事契約書を交わしてからの着工となりますが、この場合、工事契約金をお預かりさせていただいております。工事契約金は、お見積金額の10%~25%の間とさせていただいており、お見積金額や、工事内容によって変動いたします。また、工事内容に高額な材料や高額な什器などが含まれる場合は、別途で御請求させていただく場合もあり、工事期間が長い場合などには、中間金をご請求させていただく場合がございます。工事代金のお支払いは、請求書発行の日付より1週間以内とさせていただいております。

【ご請求内容】

工事完了後のご請求は、お見積り内容に沿った金額とさせていただきます。また、当然ながら、実際の工事が見積もり内容より減額される工事になった場合や、工事内容が変更され、追加工事が発生した場合には、見積金額と請求金額が異なりますので、最終的に発行された請求書の金額に沿ってお支払いをお願いしております。

【ご請求金額の詳細】

*実際にかかった工事代金 [上記参照]

*雑材・消耗品費 [工事に使用される養生材料やテープ、ボンド、ビス等といった材料費です(特殊なものは別途、見積書に記載いたします)]

*諸経費 [材料運搬費(材料メーカーが発行する運搬費は、別途となる場合がございます)や事務手続き費用といった手数料です]

*機械損料 [使用する作業機械の消耗費です]

*廃棄物処分費 [工事には、様々な破棄物が発生します。実際のところ、この処分費はかなり高額で、1立米あたり、9,000~13,000前後の処分費がかかります。大規模リフォームなどに於いては、産業廃棄物業者に、引き取りをしてもらいますが、この際にも、トラック1台25,000前後の運搬料が発生いたします。廃棄物は、石膏ボード、木材、紙(可燃)、金属、ガラ、残土などに分けられますが、これを“混載”といって混ぜてしまうと、一番高い処分費がかかる廃棄物の金額で計算されてしまう為、弊社は、この廃棄物処分費を抑えるために、徹底的にゴミの分別を致しております。]

*交通費 [現場までのガソリン代、高速道路、有料道路にかかる費用です。短期工事で近隣の場合は、原則頂いておりません。]

*駐車料金 [近隣へのご迷惑となるうえ、駐車禁止の取り締まりも強化されたため、路上駐車で工事を進めることが出来なくなりました。現場に作業車が駐車できない環境では、短時間であってもコインパーキングを利用しております。]